なぜ過払い請求ができるのか

Posted by · Leave a Comment 

テレビなどでもよく話題になる「過払い請求」

お金を借りると、借りた金額+決められた金利を返済しますよね。

その返済した金額が、多い場合があります。

この返しすぎた金額を取り戻すためにおこなうものが「過払い請求」というわけです。

しかし、なぜ過払い請求ができるのでしょうか?

借りた金額と決められた金利分しか返していないのに、なぜ払い過ぎてしまうという事態になってしまうのでしょうか。

これは「グレーゾーン金利」というものが、一番関係しています。

金利は法律で「○円の借入金ならば○%の金利以上は取ってはいけません」と決められています。

「利息制限法」という法律で決められていることで、10万円以上100万円未満ならば18%以上の金利は違法です。

しかし「出資法」と言う法律では29.2%まで金利を取っても違法ではありません。

この18%以上29.2%の金利のことを「グレーゾーン金利」と呼びます。

グレーゾーン金利は、違法であるけれど違法でない…という、まさに「グレーゾーン」な金利なのです。

そこで多くの金融機関では、18%以上の金利を指定して消費者にお金を貸していました。

しかし利息制限法の18%を超えることはおかしい!ということで、18%以上の利息分については消費者に払いすぎた分返してあげましょう。

こう決められたことから「過払い請求」ができるようになりました。

もし借入をしたことがある人で、金利が18%以上だった場合は過払い請求ができる可能性があります。

ちなみに借入金額によって、グレーゾーン金利の幅が変わりますから、心当たりがあるならば弁護士事務所などに相談してみましょう。